子犬のお迎えで必要な物

肉球1.png仔犬をお迎えするにあたってご用意いただくもの

192783-1.jpg

屋根付きのケージ

ケージやサークルは子犬が安心して過ごせるスペースとしても、トイレトレーニング、お留守番のしつけの為にもご用意ください。
下のトレイが引き出しのようになっている方がお掃除しやすいです。怪我や誤飲等ふせぐ為にも、階段や入いらないようにさせたいお部屋等の入り口にゲートを用意頂くことをお薦めいたします。

 

ld806010.jpg

ベット

子犬の時期トイレと寝る場所を覚える為にも、少し高さがありベットと確認できるものをお薦めいたします。ベットに粗相をしてしまった時はすぐに取り換えベットにおしっこの臭いを残さないよう気を付けてあげてください。タオルなどをいれてしまうとトイレシートと間違えて粗相をしてしまいます。

 

1400135774.jpg

トイレトレー

子犬の時期はシートをはがして遊んでしまう事を防ぐ為にもメッシュ付タイプをお薦めしております。

 

img4520699667989.jpg 

ペットシート

トイレシーツには吸収力、消臭効果に優れたものや、薄く経済的なもの等があります。長時間お留守番が多いおうちには吸水力、消臭効果に優れた厚めのものをお勧めいたします。 

 

1400308774.jpg

給水器

いつでも新鮮なお水が飲めるようにご用意ください。個体差があるため当店ではこちらの給水器を使用しています。お水は水道水を与えてください、アルカリ水、ミネラル水はお腹を壊しやすくなります。 

 

da_2016_009_1.jpg

食器

ステンレス製や陶器製がおススメです、プラスチック製のものは細菌が繁殖しやすく不衛生の為お薦めしません。 

 

275015-1.jpg

ドッグフード

子犬をお迎えいただいて1ヶ月はブリーダーが与えていたフードを引き続き与えていただくようお願いいたします。お迎え後環境が変わりフードも変わってしまうことで便がゆるくなることもあります。

 

 

1160201592.jpgimgrc0065234021.jpg

 

おもちゃ

デンタル効果のあるおもちゃや音がなるおもちゃ、ぬいぐるみ等いくつかの種類をご用意頂くといいです。 

1400247790.jpg

 

キャリーバッグ

キャリーバッグはソフトタイプのものとハードキャリーがあります。車での移動や災害の際の避難用としハードキャリーはひとつご用意頂くことをおすすめ致します。 

 

imgrc0067739160.jpg

ペットヒーター

子犬に適当な室温は20℃前後で寒い時期には保温器具のご用意をお薦め致します。 

 

e022772h_l.jpg4906456533474-2.jpg

スリッカー、コーム

トイプードルはブラッシュングが欠かせない犬種です。日頃のブラッシングを怠ると毛玉が大量発生します。子犬の時期からブラッシングなどのお手入れを少しずつ慣れるよう心掛けてください。 

 

p1-0876065100036.jpg

歯磨き

歯磨きシートかガーゼを指に巻きつけ歯を触らせるよう仔犬のうちから慣らしていきます。

 

imgrc0065553886.jpg imgrc0065561483.jpg

 

その他、ケアー用品

 

シャンプー、爪切り、イヤーローション、首輪などは少しずつご用意頂くとよいです。 

 家族の一員になるのですから、医療費、病気の治療代、予防のための費用、餌代などが必要になります。

 

 

子犬を迎えて頂き必要な費用


 
成犬を飼うのにかかるおおまかな費用(1年間:金額は動物病院により若干違います)
  ・混合ワクチン6種7000
円ぐらい(毎年)   
  ・犬の登録3000円ぐらい
(最初1回のみ)
  ・狂犬病予防注射3200円
(毎年)
  ・フィラリア、のみマダニ除去

  当店ではのみマダニなども一緒に除去出来るレボリューションをお勧めしています。
  ・トリミング 6000円ぐらい
(1~2か月に1回)
  ・フード代1ヶ月2500円ぐらい
 
   
  家族構成なども考慮し、ワンちゃんの購入をお決めいただければと思います。